私ども「株式会社もがみやFitsカンパニー」は、北海道登別市を拠点にBOOK OFF 10店舗、B-KIDS 1店舗を展開しております。正社員、アルバイトも随時募集中です。

 

古本などの出張買取申し込みお待ちしております。また、当社の営業内容などに関するお問い合わせなどがございましたら、お気軽にどうぞ。

Facebookやってます!

2018年

4月

09日

才能がなくてよかった

今年も橋本さんが当社の店を視察に来ていただけました。アワード「優秀店舗」決定のための視察です。

 

お店に近いちょっと汚いけれど美味しい店で、みんなで楽しく飲みました。「う~店小さくて古くて最初はどうしようと思ったけれど、美味しいね〜」

 

橋本さんは今も現場の気持ちを忘れてない、スーパーなおばちゃまでした。

 

山鼻の店長が紆余曲折あって、アワードに選ばれた。多少の失敗なら良いけれど彼は結構やらかしている。悪いことではなく知らないからやらかしてしまうパターンですが。

 

「どうしてあなたみたいな社長で(いいたいこと言い合っています)こんなにいい店と、店長が育つの?」「なってもらいたい店長像は決めていて、そこに紆余曲折があっても行ってもらうためにいつも考えて声をかけたり、動いたりしている」「へぇ〜 あんなにちゃらんぽらんな社長がそんなこと言えるようになったんだ〜」「ちゃらんぽらんだったから、なんとかしないとと思って勉強、変化したのさ」

 

といって最近考えていたことがあるんです。

続きを読む

2018年

3月

19日

頭使って考えないと!

2泊3日で東川町、新篠津村に行ってきました。

やっぱり「りしり」は美味しい。

 

なぜ美味しいかって、なぜ居心地がいいかって

店主が頭使ってて、時間をお惜しまないで改革と改善にいつも取り組んでいる。

 

頭使って毎回改善してゆかないと、いつも集団の後ろ側にいることになる。そこにいてもいい人は良いけれど、その人に言いたいけどそこで絶対文句も言わず、妬まず、笑顔でいれるなら良いけれど。

 

そんな人は少ないと思うし、いても僕とは交わらないと思うので・・・

 

僕は若いうちに憧れていた物を手に入れたいと思って仕事をしてきた。おかげさまでそれはかなっていると思う。

 

でも今は、そこには執着していない。

 

お金がほしいとか、良いものがほしい、いい車に乗りたい・・・・今はあんまり魅力を感じない。

続きを読む

2017年

11月

29日

気持ちを張る

気持ちを張る

 

先日ウチの役員と打ち合わせをしてたくさんのことに気付かされました 気持ちを張る

 

「本で読んでそうだと思いました「威張ってはいけない、なめられてはいけない」」のようなことだったと思います。

 

いい気になってうちの会社は と大口を叩いているんなら、なめられないように結果をだし続けなくてはいけない。

 

そのために、要求することはいいですが「そのためにちゃんとその理由付けをする」そこがなかったらなめられますよ!

 

そうか、昔はそこをしっかり言ってたな〜

最近は役員さんから言われる、嬉しいやら、もっと考えないと思うやら。

 

いつも自分の更新をしなくてはいけない。みんなから必要とされる人間にならないとなにも守れない。

続きを読む